ASLAJのコンセプト



ASLAJ

ジュエリーのようなシーシャ

"A Shisha Like a Jewelry"の頭文字をとり、ASLAJと名付けました。「ジュエリーのようなシーシャ」という意味を持ちます。

なぜジュエリーなのか?

それでは、なぜジュエリーなのでしょうか?シーシャは香りを楽しむ文化です。シーシャは嗜好品ですから、衣食住を満たすために、つまり動物として生存するためには、シーシャは不要なものです。
では、本当にシーシャは不要なものでしょうか?水野氏らは、著書「ジュエリーバイブル」にて次のように述べています。


人が生きていくのに、食べ物や動物的な生存を満たすものだけでよいとしたら、音楽も、文学も、美術も不要ということになります。長い人生の間には、私たちは直接生存に必要なものだけでなく、より精神的な満足や心を豊かにしてくれるものを求めています。(中略)精神的満足感の頂点に立つものこそジュエリーだと言えるでしょう。

水野孝彦、影山公章、石崎文夫、ジュエリー・バイブル(株式会社美術出版社)、1996


香りを楽しむことで幸せを感じる

何をもって「精神的満足感の頂点」に立つものがジュエリーであると主張しているかについては議論の余地がありますが、ジュエリーによって精神的満足を得ることができることは確かです。
そして、シーシャという文化もジュエリーと同様に、精神的満足を得ることできる素晴らしい文化であると思います。つまり、シーシャの美しい香りを楽しむことで人々は幸せを感じるのです。
ジュエリーのように美しい香りのシーシャを、ジュエリーのように世界の人々に楽しんで頂きたい。これがASLAJ "A Shisha Like a Jewelry"の由来であり、コンセプトです。

ASLAJのミッション

日本において、シーシャという文化の素晴らしさは、残念ながらまだあまり知られていません。私どもASLAJは、シーシャという素晴らしい文化を世界に広め、誰もが簡単に、安全に、美味しくシーシャを楽しめるよう、尽力して参ります。